社員を大切にするから黒字になる。社員に甘いから赤字になる。
~日本レーザーに学ぶ、現場の努力と会社の成果を一致させる仕組み

お申込みはこちら

27年間黒字経営を実現した評価制度から学べます。なぜ評価制度の運用がうまくいかないのか。その原因と原因別対処法をお伝えします。

【セミナー概要】

第一部:27年間黒字経営を実現した人事制度のあり方
講演者:日本レーザー株式会社 代表取締役会長 近藤 宣之

 ・社員を大切にするから黒字になる。社員に甘いから赤字になる。
 ・社員の努力がもれなく「見える化」できる具体的なしくみ。

第二部:既存の評価制度を機能させるための原因別対処法~製造業を例として
講演者:株式会社エスト 代表取締役 髙橋 宏誠

 ・評価制度はどうしたら明確になるのか
 ・部門間の公平性はどのように確保したらよいのか
 ・状況に応じて変動する業務分担にどう対処したらよいか
 ・評価による部下のモチベーション低下をどう防ぐか


【開催概要】
2021年5月27日(木)13:00~15:00
ZOOMにて開催します。
参加費用:5,000円(税込)



【第一部の講師】
近藤 宣之(コンドウ ノブユキ)
株式会社日本レーザー 代表取締役会長



1944年生まれ。慶應義塾大学工学部電気工学科卒業後、日本電子株式会社入社。
1989年、同社取締役米国支配人就任。
1994年、子会社の株式会社日本レ一ザー代表取締役社長に就任。
2018年、同社 代表取締役会長(CEO)に就任。人を大切にしながら利益を上げる改革で、就任1年目から黒字化させ、現在まで27年連続黒字。
2007 年、ファンドを入れずに親会社から完全独立。
2011年、第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「中小企業庁長官賞」 など、経済産業省、厚生労働省などから受賞多数。
著書に「倒産寸前から25の修羅場を乗り切った社長の全ノウハウ」(ダイヤモンド社刊2019年)等多数。




【第二部の講師】
髙橋宏誠(タカハシ コウセイ) 
人事コンサルタント 東京大学法学部卒。NYUにてMBA。
元英国国立ウェールズ大学MBA(日本語)プログラム教授。
元光産業創成大学大学院教授。


2017年 東工大にて博士(学術)。
富士通カナダにて成果主義人事制度を経験。マッキンゼーを経て、ジョブ型人事制度のグローバルスタンダードを提供するコーンフェリー(旧ヘイグループ)にて、人事制度設計支援プロジェクトをリードした。
ベンチャー企業から国際的な大企業まで様々な業界において、30年近いコンサルティング経験を有する。最近は、ワーク・エンゲイジメント向上に向けた組織開発、タレントマネジメント、経営者育成制度の設計支援に関わっている。


【主催】
G-ソリューション株式会社
株式会社エスト